チョコっと献血と、

ハッピーターンがやめられない

スポンサーリンク

父と娘とマクロスクロスオーバーライブ2019~前編~

どうもこんにちはSSメタルです。 

なんとこの度、マクロスクロスオーバーライブ2019 in 幕張メッセ に娘と二人で行ってきました。

<出演>

飯島真理(リン・ミンメイ)
福山芳樹(熱気バサラ)
チエカジウラ(ミレーヌ・F・ジーナス)
May'n(シェリル・ノーム)
中島 愛(ランカ・リー)

戦術音楽ユニット『ワルキューレ』are

美雲ΔJUNNA
フレイアΔ鈴木みのり
カナメΔ安野希世乃
レイナΔ東山奈央
マキナΔ西田望見

サプライズゲスト2名

 

前々回の記事でアップした「チケット争奪戦」に見事惨敗した後、幸運にもチケットをゲットすることが出来たんですよ。その模様は前々回の記事に追記しているので是非そちらをご覧ください。

 

ライブから帰って来てここ数日ほどポワーンとしたうわの空状態だったんですが、ようやく記事をまとめる気力が湧いてきたところです。
(ライブ完全燃焼!)

 

ただそのライブの様子を記事にするにあたって一つ大きな問題がありまして、それは何かと言うと 娘 のことなんですよ。

もともとマクロスはフロンティアから入って、フロンティアをきっかけに初代→デルタ→7 と一緒に見てきたわけです。

今でこそ小学6年生ですが、ちっちゃい頃から何かと僕の 行きたいところ、やりたいところ に付いてくるわけですよ。

例えば僕がとんぼ玉始めようかなと言えば、やりたい!と言って一緒に体験行ったり、

階上岳登りたいと言えば付いてくるし、

八戸の献血ルームにも付いてきて、取れたての血液パックを触って あったか~い って言うし。

パラグライダー飛んでみるか?と聞けば 飛んでみたい!
と即答なわけです。 

好奇心がポニーテールして服を着て歩いてるようなもんなんですよね。 

、、、ちょっと何言ってるかは定かではありませんが(笑)、今回のマクロスクロスオーバーライブも、そういった お父さんが行きたいから娘も来る みたいな感じのノリだったんですよね。

結果的にチケット抽選に漏れたわけで、まあそんなもんだよねって二人でガッカリしながらも笑って済ましていたんですが、急遽チケットが手に入って行くことになったわけで。

もちろんそりゃ行きますよ。そりゃ行きますよ!

一生に一度あるかないかのイベントですから、そりゃあ行きますよ。

当然、そこにマクロスファンの娘も行こう!ってなって二人で行ってきたわけですよ。

(嫁さんと息子は留守番)

で、行って帰ってきてから気付いたんですが、娘の小学6年生って今しかないわけじゃないですか。

小学校6年生の娘との二人旅行と一生に一度あるかないかのマクロスイベント。

こんな大切な二大イベントを、果たして記事にしていいものかどうか疑問に感じたわけですよ。

他ブログで時々お母さんやお父さん方が、子供の日常を書いてて、 あーだよねこうだよね って見るのはすごい微笑ましくホッコリするんですよね。あれはあれでいいもんですよ。

 

ただ今回はイベント中のイベント。
さらには、父と娘の二人旅
八戸~東京の一泊旅行!

 

部活が忙しいせいなのか、毎日弟との叩き合いの喧嘩や、お母さんとの言い争いでぷりぷり怒ってる日常。

ところがいざ一緒に旅行に行くと、 意外にしっかりしてるんですよね。

例えば初めて乗る新幹線で座席の背もたれを下げるのに、後ろの人に声を掛けてからやってるし、降りる時なんかも お父さんゴミ忘れちゃだめだよ なんてこと言うんですよ。

かと思いきや買ってきたライブグッズのキーホルダーを一つ一つ並べてフレイアみたいな変な笑い方するし(笑)

今まで見せたことない大人でもない子供でもない表情。

思春期の入り口で見せる本人も気付いてない、たぶん小学校6年生の時だけの表情だと思うんですけど、その瞬間の表情をこのまま僕の中だけにしまっとこうかな なんて思ってもみるんです。

 

この先二度と来ることは無い小学6年生。
この先二度と行くことはないかもしれない娘との二人旅行。

 

大切にしまっておきたい気持ちと、しっかり記録として残しておきたい気持ちと、これどうしたもんかなと思って娘に相談したんですよ。

 

僕がブログを書いてることは知っているんで、

『この前行ったマクロスのライブなんだけど、大事な思い出だからお父さんの中でそっとしまいたいっていう気持ちもあるんだけど、どうしようかな。二人で行ったマクロスライブの事、記事にしてもいいかな?』

てね。

そしたらなんて言ったと思います?

 

「うん。いいと思うよ。だってそのために曲順メモったんでしょ」 

 

『そう、そうなんだよ。じゃあ二人の名前はもちろん出さないようにして書くからね。』

 

「コクッ(頷き)」

 

はい、かわいい。娘なのでかわいいのです。

 

ちょっと何を言ってるのか定かではありませんが(笑)、無事に娘の承諾を得たところで僕も気持ちよく前に進めるので、ようやく本題のマクロスライブへ入りたいと思います。

(前置きが長い)

6/1 MACROSS CROSSOVER LIVE 2019 at 幕張メッセ セットリスト

今回の マクロスクロスオーバーライブ2019 in 幕張メッセ これ2Daysとなってて6/1、6/2の二日間に渡って開催されました。

で、僕達が行ったのは初日の6月1日だったんですね。

もともとライブの内容をブログで伝えるつもりだったので、メモ帳を持ってって曲順リストをメモりながらライブを楽しんだわけです。

そんでこのライブが言ってみればメチャクチャ良かったわけですよ。この様子は~後編~でお伝えするとして、終わってホテルに帰って、朝起きて Twitter を見ると、、、

 

マジか?マジで?

もう曲順リスト出てるし、、、

 

これ、どうなんすかね。

初日の曲順リストを発表するってことは当然二日目に見に行く人たちも知っちゃうわけですよね。

僕が二日目だったら絶対見たくないやつ。でもかなりのリツイート数。

そんな思い出の曲順リスト発表です。

 

17:00開演

【超時空要塞マクロス】

01. 小白龍(シャオパイロン)
飯島真理 / 中島愛 

 

~トーク~

 

02.【メドレー】
私の彼はパイロット
0‐G LOVE
SUNSET BEACH
飯島真理 

 

~トーク~ 

 

03. 天使の絵の具
飯島真理 

 

~トーク~ 

 

04. 愛・覚えていますか
飯島真理 

 

【マクロス7】

05. 突撃ラブハート
福山芳樹

 

06. ヴァージンストーリー
Fire Bomber

 

~トーク~

 

07. REMEMBER 16
福山芳樹

 

08. LOVE SONG
チエ・カジワラ

 

09. 君に届け➝
チエ・カジワラ

 

10. SWEET FANTASY
チエ・カジワラ

 

~バンドメンバー紹介~

 

11. LIGHT THE LIGHT
福山芳樹

 

12. MY FRIENDS
Fire Bomber

 

~トーク~

 

13. PLANET DANCE
Fire Bomber

 

14. プラネット・クレイドル
千菅春香(サプライズゲスト)

 

~20分休憩~

 

【マクロスF】

15. Welcome To My FanClub's Night!
May'n

 

16. 射手座午後九時Don't be late
May'n

 

17. 星間飛行
中島 愛

 

18. What 'bout my star? @Formo
May'n / 中島 愛

 

~トーク~

 

19. Good job!
May'n / 中島 愛

 

20. 放課後オーバーフロウ
中島 愛

 

21.【娘々FINAL ATTACK フロンティアグレイテスト☆ヒッツ!】
ノーザンクロス
虹色・クマクマ
ライオン
ユニバーサル・バニー
オベリスク
May'n / 中島 愛

 

22. サヨナラノツバサ~the end of triangle
May'n / 中島 愛

 

~トーク~

 

23. Get it on ~光速クライmax
May'n / 中島 愛

 

【マクロスΔ】

24. 恋!ハレイションTHE WAR
ワルキューレ

 

25. 破滅の純情
ワルキューレ

 

26. 一度だけの恋なら
ワルキューレ

 

27. 絶対零度θノヴァティック
ワルキューレ 

 

28. ワルキューレは裏切らない
ワルキューレ

 

29. ワルキューレは止まらない
ワルキューレ 

 

~トーク~

 

30. ルンがピカッと光ったら
ワルキューレ 

 

【アンコール】

31. 約束
笠原弘子(サプライズゲスト)/ May'n

 

32. …だけどベイビー!!‐DYNAMITE EXPLOSION
Fire Bomber / ワルキューレ

 

33.ランナー 
ALL CAST 

 

22時30分終了

 

ライブ前のツイッターをチェック

マクロスライブの一週間前くらいから、出演者さん達のツイッターが賑やかになってきてたんですが、  

 

青春時代を昭和~平成と過ごしてきた世代から言わせれば Twitter でのコメントってやっぱり違和感があるんですよね。

20代の頃にいろんなライブに行ったんですけども、ライブ前にアーティストの人のコメントが見れるなんてことは僕らの世代からしたら考えられないことなんですよ。

それが今じゃもうこれが当たり前ですもんね。

 

 

 

 

     

これ吹くやつ⇩

  

そうそう、それともう一つ。

ライブ後に出演者の皆さんの Twitter もちょっと拝見させてもらったんですけど、みんながみんな 最っ高のライブでした!!! とか こんな経験二度とない。ありがとうございます!!! とか。

そりゃその通りで最っ高のライブでした。

ただそのライブが終わって次の日だったかな?もうほんとすぐですよ。

どこどこで何日にイベントやります^^ とか 次にどこそこでイベントやります♪ とか、ガチ宣伝早くない?もしかしてマネージャーさん?と思って。

もうちょっと、もうちょっとライブの余韻に浸らしてよって、ちょっと生意気にも思っちゃいました。

 

まあでも Twitter で劇場版ワルキューレの最新作タイトル知ることが出来たんで、良しとしましょうか。 

(時代に追い付けない )


f:id:ssmetal:20190608200511j:image

え~と、長々とここまでお付き合いありがとうございます。

「父と娘とマクロスクロスオーバーライブ2019~前編~」はここまでとなります。気がつけば文字数が5000文字超えてるんですよね。

まだまだ伝えたいことはたっくさんあるんですが、そろそろ「マクロスが止まらない」が生配信される時間なので続きは後編にてということで。

後編ではグッズ売り場、あとはブース会場、そしてライブの内容についてお伝えする予定です。

今ちょっと後編を確認したらですね、もう既に7000文字超えてますんでおそらく後編も長いです。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

m(_ _)m

 

マクロスがとまらない⇩

macross.jp